操船(読み)ソウセン

デジタル大辞泉の解説

そう‐せん〔サウ‐〕【操船】

[名](スル)船をあやつること。船舶を操縦すること。「操船を誤る」「渦を避けて巧みに操船する」「操船技術」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうせん【操船】

( 名 ) スル
船を操縦すること。 「船長みずから-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の操船の言及

【航海】より

…しかし現状では,視界が良好なときと同じ航海ができるほど,レーダーの能力はなく,ときには,レーダー過信によっての事故が起こることさえある。
【航海の過程と方法】
 航海は出発点から始まり到達点で一つのくぎりとなるが,この間に展開される過程やその過程を支えている方法のおもなものは,出港準備,出港,見張り(監視,計測などを含む),操船,位置決定,針路修正などであり,これらの概要を以下に述べる。
[出港準備]
 出港準備にはさまざまな内容があるが,主要なものとして必要な食料,水,燃料および船用品の積込み,貨物の積卸し,積込みおよび管理,設備・装置の整備,運航者の交替などがあげられる。…

※「操船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

操船の関連情報