コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擲弾兵 てきだんへいgrenadier

翻訳|grenadier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擲弾兵
てきだんへい
grenadier

手榴弾を投げることを任務とした兵士。 16世紀末から現れたが,17世紀なかばのヨーロッパでは,特に背が高く,屈強な者が選ばれて,擲弾兵隊を編成した。危険も大きかったため,給与もよく,特別な待遇を受けていた。 18世紀に入ると,一時期手榴弾は使用されなくなった。その後,擲弾兵は精鋭部隊を意味するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

擲弾兵の関連キーワード世界のおもな国歌グライム歌の本歌曲

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android