コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攲てる ソバダテル

デジタル大辞泉の解説

そば‐だ・てる【×攲てる】

[動タ下一][文]そばだ・つ[タ下二]
一方の端を高くする。
「ぐにゃりとして居し肩を―・て」〈露伴五重塔

㋐耳や目の注意力をそのほうへ集中させる。「外の騒ぎに耳を―・てる」
㋑枕などから頭をもちあげて聞き耳をたてる。「枕を―・てる」
高くそびえたたせる。
「巌石峨々として道すなほならぬ山なれば、岩角を―・てて」〈義経記・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そばだてる【攲てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 そばだ・つ
〔古くは「そばたつ」と清音〕
注意して見たり聞いたりする。 「他人の話に耳を-・てる」 「目を-・てる」
一端をあげて傾ける。 「傘ヲ-・テテ雨ヲ防グ/ヘボン」
高くそびえ立たせる。 「深き所には大船どもを-・てて/平家 9」 〔「そばだつ」に対する他動詞〕
[慣用] 枕を-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

攲てるの関連キーワードヘボン他動詞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android