コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正動物愛護法

1件 の用語解説(改正動物愛護法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正動物愛護法

販売困難になった動物を死ぬまで飼育することを業者に義務づけた。殺処分する都道府県に対しては、ペット店やブリーダーからの持ち込みを拒否できることも明記。それまで犬は「生後40日以内」、猫は「45日以内」の販売自粛という業界内の自主規制に頼っていたが、初めて犬猫とも「生後45日以内」の販売を法で禁じた。16年9月以降は「生後49日以内」に規制を強め、最終的には欧米で主流の「生後56日以内」にすることが検討されている。

(2014-02-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改正動物愛護法の関連キーワード多頭飼育永牢アクアリウム鳥曹司飼殺し投荷千葉市動物公園通常飼育動物バタリー方式ペットクリニック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改正動物愛護法の関連情報