コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物愛護法 ドウブツアイゴホウ

デジタル大辞泉の解説

どうぶつあいご‐ほう〔‐ハフ〕【動物愛護法】

《「動物愛護及び管理に関する法律」の通称》動物の虐待の防止、動物の適切な取り扱いなどについて定めた法律。動物の生命を尊重し愛護すること、動物による人の生命・身体・財産への侵害を防止することを目的とする。昭和48年(1973)制定。動物への虐待や遺棄は犯罪とされ、みだりに殺傷した者は1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物愛護法
どうぶつあいごほう

動物の愛護及び管理に関する法律」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動物愛護法の関連キーワード犬・猫の引き取り・捕獲野良犬・猫の殺処分犬・猫の引き取り動物愛護管理法中央環境審議会おさかなポスト動物の殺処分終生飼養

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物愛護法の関連情報