コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放し ハナシ

デジタル大辞泉の解説

はなし【放し】

放すこと。多く、複合語の形で用いる。「手放し」「野放し
動詞の連用形に付いて、その動作をしたままで放置する意を表す。前に促音が挿入されて「ぱなし」の形をとることが多い。「開け放し」「置きっ放し」「やりっ放し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなし【放し】

放すこと。他の語の下に付いて複合語をつくる。 「手-」 「野-」
多く「…っぱなし」の形で、動詞の連用形に付いて、そのままにしてほうっておく意を表す。 「水を出しっ-にする」 「言いっ-に終わる」 「放りっ-」 「置きっ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放しの関連キーワードリリースタイム [release]スティッキーメニュー中距離多目的誘導弾スキャンコード石清水放生会クレイトラル釣り堀・釣堀佐野の船橋ドッグラン髫髪放りかっきとロッジア不妊防除おっ放すピロティ栽培漁業敲き払い逃がす野放し放生会

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放しの関連情報