コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放課後等デイサービス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放課後等デイサービス

障害児を放課後や長期休暇中に預かるサービス。利用者の負担は原則1割で、所得に応じた上限もある。厚労省の2015年の調査によると利用者は小学生が62.2%、中学生が21.7%、高校生が15.4%。民間企業や社会福祉法人が運営するほか、公立もある。

(2017-12-24 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

放課後等デイサービス

支援を必要とする障がいのある子どもを、発達支援や居場所づくりを目的として放課後や休日、夏休みなどに預かる施設。国が2012年度に制度を整備した。自治体または民間事業者が運営する施設で、自立した日常生活に必要な訓練や創作的活動、地域交流の機会などを提供し、子どもの利益の保障と健全な育成を図る。小学校から高等学校までの子どもを対象とするが、特例で20歳に達するまで利用できる。保護者から子育てについての相談を受けたり、一時的にケアを代行することで保護者が子どもに向き合うゆとりを生むなど、保護者支援の役割も期待されている。新規参入事業者が相次ぐなか、一部の施設でサービスの質の確保が追いついておらず、けがなどの事故が増えている一面もある。

(2018-2-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

放課後等デイサービスの関連キーワード障害児

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放課後等デイサービスの関連情報