月額(読み)つきびたい

精選版 日本国語大辞典「月額」の解説

つき‐びたい ‥びたひ【月額】

〘名〙
① 馬の毛色の名。額の上に白いまだら毛のあるもの。星月。額白(ひたいじろ)。月白。
※夫木(1310頃)二七「闇なれどいもが宿をぞさしてゆく月びたひなる駒にまかせて〈源仲正〉」
② さかやき。月代(つきしろ)
※和訓栞(1777‐1862)「さかやき 太平記に月額をよめり」
③ 前髪の生えぎわを丸く剃った額。
※随筆・独寝(1724頃)上「一ていむなだかなる帯に仕たて、月びたいくり出しあゆみ」
[補注]②については、「太平記‐三九」では「月額(サカヤキ)」としている。

げつ‐がく【月額】

〘名〙 一か月当たりの金額。毎月の決まっている金額。
※傭員俸給及傭員其他に給する諸手当支給方(明治二六年)(1893)「諸手当にして月額を以て支給するものは毎月下旬に之を支給することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月額」の解説

げつ‐がく【月額】

1か月あたりの金額

つき‐びたい〔‐びたひ〕【月額】

馬の毛色の名。額に白い斑(まだら)毛のあるもの。ほしづき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android