コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教職員の定数

1件 の用語解説(教職員の定数の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教職員の定数

国は義務教育標準法に基づき、子どもの数などを基準に都道府県ごとに小中学校などの教職員定数を決めている。この定数は、「第5次教職員定数改善計画」が91年度に終了して以降減り続けており、06年度は約66万4千人。都道府県は、これを標準として条例で定数を定めている。01年度以降は少人数指導などのため、都道府県が標準を上回る教員を独自に置くことができるようになった。このため、実際の小中学校の教員数は増えている。ただ、標準を上回る教員数を置く場合、都道府県の負担は増えることになる。

(2007-12-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教職員の定数の関連キーワード義務教育就学義務通信教育認可法人準法六三制義務教育標準法フィンランドとその教育国連子どもの権利条約JIS規格

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教職員の定数の関連情報