定数(読み)ていすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

定数

プログラムの実行中に変更されない値のこと。通常、定数には任意の名前を付けて使用する。定数として使用する値によってデータ型を宣言する必要があり、そのデータ型は言語によって異なる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐すう【定数】

一定の数量・数値。また、定められた数量・数値。「出席者が定数に達する」
自分の意志で変えることのできない運命。命数。
代数・数値計算で、一定の値を表す文字や数のこと。⇔変数
物理学・化学で、状態変化の間を通じて一定の値を保つ量。物質の種類に関係なく不変の基礎定数と、各物質に固有の定数とがある。常数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

定数【ていすう】

常数,恒数とも。(1)数学では変数に対する語で,一定の数値をとる量,または数値は任意にとれるが変化しない量(積分定数など)。(2)各物質に固有な量(弾性率電気抵抗などの物質定数)または基本法則に含まれる,物質の種類に無関係で,絶対的に不変な量(光速度電気素量プランク定数などの普遍定数)。
→関連項目普遍定数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていすう【定数 constant】

ある一つの問題の研究中において変化しないと考える量を表す文字を定数といい,変化しうると考える量を表す文字を変数という。例えば二次関数を表す式yax2bxcにおいてa,b,cは定数でありx,yは変数である。また,指数関数yex,円の面積を表す公式S=πr2におけるe,πも定数である。定数の中には,初めの例のa,b,cのように,その問題の中では変化しないと約束された定数もあり,またあとの二つの例e(自然対数の底),π(円周率)のように,数学全体で共通に約束された定数もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていすう【定数】

あらかじめ定められた一定の数。 「議員の-」
数学で、ある一定の値。または変数の変化に関係なく一定な値を表す数または文字。常数。 ⇔ 変数
自然科学で、状態の変化を通して、定まった値をとって変わらない量。各物質に固有な定数(例えば元素の原子量・物質の比熱など)と、物質の種類に関係なく、基本的な法則に表れる普遍的な定数(例えば万有引力定数・アボガドロ定数など)とがある。常数。恒数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定数
ていすう
constant

数学においては,変数に対して一定値をとる量をいう。ただし,ある議論をしている間は値を止めて定数と考え,そのあとでその定数の値が変る場合を考えて変数とするなど,定数と変数というのも,相対的に考えられることも多い。また,積分定数のように,変数ではないが条件によってとる値が違いうるものは不定数という。 (→物理定数 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定数の関連情報