コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務教育標準法 ギムキョウイクヒョウジュンホウ

1件 の用語解説(義務教育標準法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎむきょういく‐ひょうじゅんほう〔ギムケウイクヘウジユンハフ〕【義務教育標準法】

《「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」の通称》公立小中学校の学級編制と教職員の定数の標準について必要な事項を定め、義務教育水準の維持向上を目的とした法律。昭和33年(1958)成立。義務標準法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義務教育標準法の関連情報