コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散り チリ

デジタル大辞泉の解説

ちり【散り】

建築で、二つの材面がわずかにずれた部分。
製本で、表紙が中身よりはみ出ている部分。上製本でみられる。
散ること。また、散らしたもの。
「この夕(ゆふへ)降り来る雨は彦星の早漕ぐ舟の櫂(かい)の―かも」〈・二〇五二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちり【散り】

散ること。 「あしひきの山下光るもみち葉の-のまがひは今日にもあるかも/万葉集 3700
建築で、隣接する二つの平面のわずかなずれ。壁の柱の、わずかに壁から出た部分、飛び石の地面から石の平面までの高さなど。
本の部分の名。本製本で、表紙が本文の紙よりも一回り大きく出ているその部分。 → 製本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

散りの関連キーワード世の中は三日見ぬ間に桜かな散り掛かる・散り掛る散り初める・散初める花は根に鳥は古巣に三日見ぬ間の桜散り銭・散銭散逸・散佚松の言の葉避り敢えず這ひ交じる避り敢へず落花心あり侘び鳴き冴え凍る散り紛ふ吹き頻く飛花落葉落花狼藉胸分け散り方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散りの関連情報