散り(読み)チリ

デジタル大辞泉の解説

ちり【散り】

建築で、二つの材面がわずかにずれた部分。
製本で、表紙が中身よりはみ出ている部分。上製本でみられる。
散ること。また、散らしたもの。
「この夕(ゆふへ)降り来る雨は彦星の早漕ぐ舟の櫂(かい)の―かも」〈・二〇五二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちり【散り】

散ること。 「あしひきの山下光るもみち葉の-のまがひは今日にもあるかも/万葉集 3700
建築で、隣接する二つの平面のわずかなずれ。壁の柱の、わずかに壁から出た部分、飛び石の地面から石の平面までの高さなど。
本の部分の名。本製本で、表紙が本文の紙よりも一回り大きく出ているその部分。 → 製本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散りの関連情報