コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散判 サンパン

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぱん【散判】

江戸時代、奉公人の口入れ業者以外の者が多数の奉公人の請け人となって身元保証書に判を押すこと。また、その人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

散判の関連キーワード解散[法人]解散

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android