コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文ノ段 ふみのだん

1件 の用語解説(文ノ段の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふみのだん【文ノ段】

能《熊野(ゆや)》の部分の名。熊野が,母から来た病気を知らせる文を読み上げる場面をいう。この部分を独立させて,独吟として演じることもある。熊野【横道 万里雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文ノ段の関連キーワード熊野曼荼羅熊野詣で熊野三社熊野三所権現熊野山伏三熊野熊野権現熊野松風は米の飯熊野道者熊野御前

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone