コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文ノ段 ふみのだん

世界大百科事典 第2版の解説

ふみのだん【文ノ段】

能《熊野(ゆや)》の部分の名。熊野が,母から来た病気を知らせる文を読み上げる場面をいう。この部分を独立させて,独吟として演じることもある。熊野【横道 万里雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

文ノ段の関連キーワード段物