コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横道 オウドウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐どう〔ワウダウ〕【横道】

[名・形動]
人間としての正しい道に外れていること。また、そのさま。よこしま。邪道。
「この思いもよらない出来事には、いくら―な良秀でも、ぎょっと致したのでございましょう」〈芥川・地獄変〉
本道からそれた道。よこみち。
「―なれども…平泉寺を拝まん」〈義経記・七〉
不正と知りながら行うこと。
「私が少しの間―致せば事が済む」〈浄・大経師

よこ‐みち【横道】

本道から横に入る道。また、本道から分かれた道。わき道。
本筋からはずれた筋道。横筋。「話が横道にそれる」
正しい道からはずれること。また、道理にはずれた事柄。邪道。
「かかる事を言ひ出でてより―するに」〈今昔・二七・一三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうどう【横道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔本道からはずれた道の意から〕 道理に反すること。よこしまなこと。また、そのさま。邪道。 「 -な者」
不正と知りながら行うこと。 「私が少しの間-いたせば事がすむ/浄瑠璃・大経師

よこみち【横道】

本道から分かれて横に通ずる道。
本筋からはなれた問題。 「話が-にそれる」
正しい道からはずれること。正しくないこと。邪道。 「 -のふるまひをなし/人情本・梅児誉美 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

横道の関連キーワードトヨペットSAのサスペンショングランドバザールステップバック削げる・殺げるトヨタ博物館文化功労者尼子十勇士蟹の横這い吉高由里子枝道・岐路横道政光延年之舞高良健吾永崎仁助結縁灌頂麻原助六吉田修一嘉辰令月蕨野友也菊慈童

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横道の関連情報