コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化交流協定 ぶんかこうりゅうきょうていagreement for cultural exchange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化交流協定
ぶんかこうりゅうきょうてい
agreement for cultural exchange

2国の政府間でさまざまな分野の文化,教育交流を推進するために締結される外交協定。2国間の友好関係を一層強固にするためだけでなく,政治,外交関係がかりに断絶していても,文化的交流は続けられるべきであるという考え方が反映されている。また,好ましくない政治・外交関係を打開するために,まず文化交流協定を締結し,それに基づいて2国間関係が良好になることもある。その一例が 1958年1月に締結された米ソ間の「文化,技術,教育に関する米ソ協定」である。日本が文化交流協定を結んでいるのはフランス (1953) ,イタリア,タイ,メキシコ (以上 55) ,インド,エジプト,ドイツ (以上 57) ,パキスタンイラン (以上 58) ,イギリス (61) ,ブラジル (64) ,韓国 (65) ,旧ユーゴスラビア (69) ,アフガニスタン (71) ,ベルギーオーストラリア (以上 74) などで,旧ソ連をはじめとするかつての共産圏諸国とは,文化交流のための交換公文を取りかわしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化交流協定の関連情報