コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文禄通宝 ぶんろくつうほう

1件 の用語解説(文禄通宝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文禄通宝
ぶんろくつうほう

安土桃山時代の貨幣の一つ。文禄1 (1592) 年豊臣秀吉によって鋳造され,合戦に功のあった家臣に与えられた。銭形をなしていたため,通貨としても流通した。銀,銅の2種があり,銀銭は直径7分9厘 (2.37cm) ,重さ1匁1分 (4.13g) であるが,銅銭の径量は不詳。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文禄通宝の関連キーワード道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代海北派桃山時代三貨伊勢・安土桃山文化村天荊