コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文部省唱歌 もんぶしょうしょうか

大辞林 第三版の解説

もんぶしょうしょうか【文部省唱歌】

1910(明治43)~41年(昭和16)までの、国定音楽教科書におさめられている唱歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の文部省唱歌の言及

【唱歌】より

…芸能科音楽以後,第2次大戦後の小・中・高校における音楽科では,歌をうたうことのほか,器楽,鑑賞,創作の指導が行われているが,唱歌科では,もっぱら唱歌をうたうこと(歌唱)の指導に限られていた。 歌としての唱歌は,一般に小学唱歌と呼ばれることが多いが,子どもの歌の総称ではなく,ふつう,文部省音楽取調掛編《小学唱歌集》全3巻(1881‐84),同編《幼稚園唱歌集》(1887)に始まり,文部省唱歌と呼ばれる文部省著作《尋常小学読本唱歌》(1910),《尋常小学唱歌》全6巻(1911‐14。1932改訂)にいたる文部省の作成あるいは指定した歌を指す。…

※「文部省唱歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文部省唱歌の関連キーワード豊田(長野県)われは海の子唱歌(教育)山住 正己せっせっせ仰げば尊し島崎赤太郎乃木 希典高野 辰之村の鍛冶屋かたつむり船橋 栄吉船橋栄吉広瀬武夫松島 彝鳩ぽっぽ吉丸一昌高野辰之そよ吹く杉野孫七

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文部省唱歌の関連情報