文部省唱歌(読み)もんぶしょうしょうか

大辞林 第三版の解説

もんぶしょうしょうか【文部省唱歌】

1910(明治43)~41年(昭和16)までの、国定音楽教科書におさめられている唱歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文部省唱歌の言及

【唱歌】より

…芸能科音楽以後,第2次大戦後の小・中・高校における音楽科では,歌をうたうことのほか,器楽,鑑賞,創作の指導が行われているが,唱歌科では,もっぱら唱歌をうたうこと(歌唱)の指導に限られていた。 歌としての唱歌は,一般に小学唱歌と呼ばれることが多いが,子どもの歌の総称ではなく,ふつう,文部省音楽取調掛編《小学唱歌集》全3巻(1881‐84),同編《幼稚園唱歌集》(1887)に始まり,文部省唱歌と呼ばれる文部省著作《尋常小学読本唱歌》(1910),《尋常小学唱歌》全6巻(1911‐14。1932改訂)にいたる文部省の作成あるいは指定した歌を指す。…

※「文部省唱歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文部省唱歌の関連情報