コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌曲 かきょくsong; Lied

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌曲
かきょく
song; Lied

言葉 (詩) と音楽の結合を特色とし,旋律的に歌う曲。独唱歌曲を主体とし,斉唱,合唱のものも含む。民謡風の歌曲は,幾節かの詞を同じ旋律で歌う有節形式のものが多く,芸術歌曲はこれを微妙に変化させた変化有節形式や,数節の詞を通して作曲した通作形式をとるものが多い。歌曲は洋の東西を問わず古くから存在するが,西洋ではルネサンスのリュート伴奏の歌曲やシューベルト以後のピアノ伴奏の歌曲 (→リート ) が有名。日本の古典音楽としての歌曲は歌謡ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐きょく【歌曲】

洋楽の声楽曲。主として独唱用の小曲。リート。
雅楽で、うたいものの曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かきょく【歌曲】

比較的小規模で,抒情的にまとまった気分をもつ声楽曲の形式。ドイツ語でリートLied,フランス語でメロディmélodie(またはシャンソンchanson),英語でソングsong(またはエアayre∥air)と呼ばれるものが,それに当たる。歌曲は,歌詞のもつ文学的な気分が音楽的表現によって高められて〈うた〉となり,音楽的に完結した独自の小形式が形づくられるところに特色がある。したがって,叙事的な内容を音楽に託して吟誦する〈語りもの〉や,戯曲的な内容の表現のために,複雑な段落の構成をもつ劇音楽(オペラ,オラトリオ浄瑠璃など)とは,おのずから性格を異にする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かきょく【歌曲】

詩歌などの韻文を歌詞とした声楽曲。主として独唱の小曲をさす。多くは洋楽でリートなどの訳語として用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌曲
かきょく
song英語
Gesangドイツ語
chantフランス語
cantoイタリア語

詩の内容を音楽によってより強く表現するために、芸術作品として作曲された歌。狭義には、シューベルトの『魔王』、ブラームスの『子守歌』、山田耕筰(こうさく)の『からたちの花』などピアノ伴奏付き独唱歌曲をさす。類義語に「歌」「声楽曲」「リート」などがあるが、これらとは以下のように区別しなければならない。「歌」は詞に節をつけて歌われるもので、人間の「歌う」という本能的営みが生み出したあらゆるものを含む。すなわち、未開民族の明確な意味をもたない歌、日本の和歌、子供の童唄(わらべうた)、民謡、歌謡曲、西洋のグレゴリオ聖歌やオペラのアリアなどきわめて広い範囲を包括し、歌曲も当然これに含まれる。「声楽曲」は器楽曲の対語で、歌のうち、西洋クラシック音楽の歌唱声部に主眼を置いて作曲された作品を示す。したがって、グレゴリオ聖歌、ミサ曲、オラトリオなど歌曲の範疇(はんちゅう)に入らない大規模な作品をも含む。「リート」Liedは邦訳に「歌曲」が用いられる場合があるが、ドイツでは本来歌うことのできる叙情的な有節形式の小品を示したのであって、歌曲よりも意味範囲ははるかに狭い。物語歌曲(バラードBallade)は歌曲ではあるが、リートではない。[石多正男]

歌曲の種類

歌曲は、これに付加語を添えることにより、多くの種類に分けることができる。
〔1〕歌詞の内容による分類
(a)宗教歌曲 神やイエスに対する信仰心を歌ったものが多い。J・S・バッハに通奏低音の伴奏による独唱歌曲がある。
(b)世俗歌曲 宗教歌曲の対語で、バロック時代に盛んに作曲された。恋愛詩や騎士道精神を歌った12、13世紀の、南フランスのトルーバドゥール、北フランスのトルーベール、ドイツのミンネゼンガーなど、吟遊詩人の歌もこれに属する。
(c)叙情歌曲 世俗歌曲のうち叙情詩に作曲されたもの。リートと同義で、シューベルトの『菩提樹(ぼだいじゅ)』など日本で一般に知られている歌曲の大半はこれに属する。
(d)物語歌曲(バラード) 19世紀前半に活躍したレーベに代表作がみられる。シューベルトの『魔王』やシューマンの『ふたりの擲弾兵(てきだんへい)』はバラードである。
(e)日本歌曲 滝廉太郎(たきれんたろう)以後の日本人による創作歌曲に対し、近年この名が使われている。
〔2〕音楽形式による分類
(a)有節歌曲 詩の各節を同じ旋律で歌うもの。山田耕筰の『赤とんぼ』はこの例で、詩の第1節は「ゆうやけこやけの……」、第2節は「やまのはたけの……」と歌い出される。
(b)通作歌曲 詩の各節にそのつど新しい旋律が付されるもの。前出のバラードはこの形式で作曲されている。
(c)変奏有節歌曲 前二者の融合したもの。
(d)連作歌曲 一貫した内容、曲想をもつ一連の歌曲。シューベルトの『冬の旅』は24曲から、シューマンの『詩人の恋』は16曲からなる連作歌曲である。
〔3〕歌唱声部の数による分類
(a)独唱(単声)歌曲 歌われる声部が一つのもの。先に例としてあげたシューベルト、シューマン、山田耕筰の歌曲はすべてこれに属する。
(b)重唱(多声)歌曲 歌唱声部が複数あるもの。4声部のものがもっとも多い。ルネサンス時代のジョスカン・デ・プレなどのシャンソン、ハインリヒ・イザークの『インスブルックよ、さようなら』などのほか、19世紀のシューマンに代表されるパート・ソングpart-songもこれに属する。
〔4〕伴奏の種類による分類
(a)ピアノ伴奏歌曲 もっとも一般的なもの。
(b)オーケストラ伴奏歌曲 マーラーの『大地の歌』やシェーンベルクの『月に憑(つ)かれたピエロ』など。
(c)無伴奏歌曲 多声で書かれるのが普通で、ドイツ・ロマン派の作曲家には男声、女声、混声による3声、4声の作品が数多くある。[石多正男]

歌曲の作曲と演奏

歌曲は詩と音楽が結び付いたものであるために、音楽の他のジャンルにはみられない独自の問題、すなわち「ことばと音の関係」の問題が生じる。西洋音楽の場合は、詩そのものが一定の詩脚、脚韻をもち、したがって詩そのものに一定のリズムや抑揚がある。作曲家はこれらを音楽のもつリズムや拍子と適合させねばならない。たとえば、ゲーテ作詩の『野ばら』はSh en Knb en Rslen sthn(ドイツ語。わらべは見たり〔野なかの〕ばら……)ということばで始まる。ことばの上に記した ̄は強く発音する音節、は弱く発音する音節を示すが、強拍と弱拍が繰り返されている。これを作曲する場合、当然のことながら詩の強拍に音楽の強拍があてられる。同じ詩によるシューベルトとウェルナーの『野ばら』は、それぞれ独自の美しさをもっているが、ことばと音の基本的な関係は守られている。
 また、作曲家は特定のことばを印象づけるために、そこにリズムや和声のくふうをするほか、たとえば詩が水や夜を表現している場合に、伴奏楽器で水の流れや夜のしじまを描くことが一般になされる。歌曲を歌う歌手も当然のことながら、詩や曲のこのような性格を十分に理解して演奏しなければならない。[石多正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歌曲の言及

【箏】より

…新羅統一以後,伽倻琴は玄琴,琵琶とともに〈三絃〉と称する代表的弦楽器となり,〈三竹〉(大笒(たいきん),中笒,小笒)と称する縦笛や,拍板,大鼓といっしょに歌舞の伴奏に用いられた。高麗,李朝を通じて伽倻琴は代表的な郷楽(唐楽に対応するもので朝鮮固有の音楽)楽器として広く愛用されたが,とくに李朝中期から盛んになった芸術的声楽曲である〈歌曲〉では,玄琴とともに重要な伴奏楽器として用いられている。また,李朝後期以後歌詞を失って器楽化した《霊山会相》や《与民楽》などの器楽曲でも伽倻琴が活躍している。…

※「歌曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌曲の関連キーワードピエール ベルナック美しき水車小屋の娘君はまるで花のようさすらう若人の歌ポピュラーソング亡き子をしのぶ歌アンサーソングカンツォネッタ君は花のようにヴォカリーズ君は花のようカンツォーネカンツォーナフォスターマドリガルデュパルク弘田竜太郎夢のあとにくるみの木リート形式

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌曲の関連情報