コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉諧記 せいかいきQi-xie-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斉諧記
せいかいき
Qi-xie-ji

中国,六朝時代の文語志怪小説集。の東陽无疑 (むぎ) の著。もと7巻あったが散逸して,いまでは魯迅の『古小説鉤沈 (こうちん) 』に 16条が集められているにすぎない。のち梁の呉均によって『続斉諧記』が書かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

斉諧記の関連キーワード続浦島子伝記

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android