コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちん チン

デジタル大辞泉の解説

ちん[副]/[名]

[副]
金属などのかたい物どうしが軽くぶつかって立てる音を表す語。「鉦をちんと鳴らす」
鼻をかむ音や、そのさま。「鼻をちんとかむ」
[名](スル)《調理完了の際に鳴る音から》俗に、電子レンジで食品を加熱すること。「冷めたおかずをちんする」

ちん[接尾]

[接尾]人名に付いて、軽い親しみを表す。また、容姿・性格などを表す語に付いて、そういう人の意を表す。「しぶちん」「でぶちん

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちん

( 副 )
かねの音や、金属製の物が軽く触れ合って出す音を表す語。 「仏壇の鉦を-と鳴らす」
鼻をかむ音を表す語。 「鼻を-とかむ」
(器具の音から。多く「チンする」の形で)俗に、電子レンジで調理すること。 「 -するだけで食べられる食品」 → ちんと
[句項目]

ちん

( 接尾 )
形容詞・形容動詞の語幹に付いて、そういう人の意を表す。 「しぶ-」 「でぶ-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちんの関連キーワードちちんぷいぷい御代の御宝紙押さえ・紙押え赤血球沈降速度土祭り・土祭綿ビロード枕藉・枕籍花鎮めの祭填星・塡星提灯・提燈形容動詞鎮火の祭沈降海岸ふるちんちんぼこ智証大師鎮火祭陳和卿陳独秀陳立夫おかず

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちんの関連情報