コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちん チン

デジタル大辞泉の解説

ちん[副]/[名]

[副]
金属などのかたい物どうしが軽くぶつかって立てる音を表す語。「鉦をちんと鳴らす」
鼻をかむ音や、そのさま。「鼻をちんとかむ」
[名](スル)《調理完了の際に鳴る音から》俗に、電子レンジで食品を加熱すること。「冷めたおかずをちんする」

ちん[接尾]

[接尾]人名に付いて、軽い親しみを表す。また、容姿・性格などを表す語に付いて、そういう人の意を表す。「しぶちん」「でぶちん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちん

( 副 )
かねの音や、金属製の物が軽く触れ合って出す音を表す語。 「仏壇の鉦を-と鳴らす」
鼻をかむ音を表す語。 「鼻を-とかむ」
(器具の音から。多く「チンする」の形で)俗に、電子レンジで調理すること。 「 -するだけで食べられる食品」 → ちんと
[句項目]

ちん

( 接尾 )
形容詞・形容動詞の語幹に付いて、そういう人の意を表す。 「しぶ-」 「でぶ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちんの関連キーワードちちんぷいぷい御代の御宝森羅万象(2代)こちんこちん花鎮めの祭内山賀邸鎮火の祭沈降海岸智証大師淡島椿岳蒲庵宗陳ちんぼこちんたら形容動詞沈下橋鎮火祭陳希夷崔子忠陳外郎形容詞おかず

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちんの関連情報