コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六朝時代 りくちょうじだい Liu-chao; Liu-ch`ao

2件 の用語解説(六朝時代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六朝時代
りくちょうじだい
Liu-chao; Liu-ch`ao

中国,現在の南京 (建業〈212~280〉,建 鄴〈282~313〉,建康〈313~606〉) に首都をおいた三国の呉,東晋,宋,斉,梁,陳の六王朝をいう。六代ともいう。六朝,六代の名称は唐代になって,特に文芸上の様式をさすために用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六朝時代
りくちょうじだい

中国、時代区分の一つ。六朝とは、建康(初め建業、ついで建(けんぎょう)とよばれ、313年建康となる。いまの南京(ナンキン))に都を置き、江南を支配した呉(ご)、東晋(とうしん)、宋(そう)、南斉(なんせい)、梁(りょう)、陳(ちん)の六王朝のことである。孫権が呉を建国して建業に都を置いたのが229年、最後の王朝陳が隋(ずい)に滅ぼされたのが589年であり、したがって六朝時代とは、この間をさすことになる。しかし今日では、これら以外の華北などを支配した魏(ぎ)、蜀(しょく)、西晋(せいしん)、北朝の諸朝を含めた3世紀初から6世紀末までの時代、つまり魏晋南北朝時代の別名として一般に用いられている。[中村圭爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六朝時代の関連キーワード南京建業南京米南京町江寧南京料理上海の南京路中華門南京長江大橋江南省

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六朝時代の関連情報