コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉馬雪 せい ばせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉馬雪 せい-ばせつ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
歌舞伎堂艶鏡(2代中村重助)に師事。初代桜田治助,壕越二三治(ほりこし-にそうじ)のもとで劇作に協力。天明元年(1781)斉馬雪を名のる。江戸市村座で初代笠縫専助(かさぬい-せんすけ)と「むかし男雪雛形(ゆきのひながた)」を合作した。5年ごろまで活躍。初名は瀬井秀助。前名は瀬井馬雪,広田馬雪。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斉馬雪の関連キーワード歌舞伎堂艶鏡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android