斑点病(クリムソンクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

斑点病(クリムソンクローバ)

主に葉と葉柄に発生する斑点性の糸状菌病。葉では葉脈に仕切られた灰褐色病斑となり、互いに融合して葉を枯らす。葉柄に発生すると紫褐色の条斑となり、被害はさらに大きくなる。病原菌は他のクローバ類も侵すが、寄生性は若干分化しているとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android