葉柄(読み)ようへい(英語表記)petiole

翻訳|petiole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「葉柄」の解説

葉柄
ようへい
petiole

を支える柄の部分をいう。水分と養分の通路であり,葉の中央脈が葉の輪郭の外側まで突出したものとみることもできる。葉柄をもたない葉も多い。たとえばノボロギクでは,下方の葉には葉柄があるが,上方の葉にはない。葉柄基部には離層が生じて,落葉の原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「葉柄」の解説

葉柄
ようへい

葉の部分。葉身との間にあって、葉身を支える。葉柄の中には維管束があり、茎の維管束と葉身の維管束との間の連絡をしている。植物のなかには、葉柄がなく、葉身が直接茎につくものもある。

[原 襄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「葉柄」の解説

よう‐へい エフ‥【葉柄】

〘名〙 葉の一部で、葉身の基部にあり、茎・枝につけている柄(え)の部分。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「葉柄」の解説

よう‐へい〔エフ‐〕【葉柄】

葉の一部で、葉身を茎や枝につないでいる細い柄の部分。
[類語]木の葉枝葉草葉葉っぱ押し葉葉身葉脈葉末托葉単葉複葉葉序双葉若葉若緑新緑万緑青葉紅葉こうよう紅葉もみじ黄葉照り葉落ち葉落葉枯れ葉朽ち葉病葉わくらば松葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉柄の言及

【葉】より

…小さい葉の例としてはウキクサの仲間の例や,コケシノブ科には0.5mmに達しないものもある。葉は葉柄と葉身からできており,托葉をもつものもある。葉柄petiole(stipe)は発達しないものもあるが,一見茎のようにしっかりしているものもある。…

※「葉柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android