コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉柄 ようへいpetiole

翻訳|petiole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉柄
ようへい
petiole

葉を支える柄の部分をいう。水分と養分の通路であり,葉の中央脈が葉の輪郭の外側まで突出したものとみることもできる。葉柄をもたない葉も多い。たとえばノボロギクでは,下方のには葉柄があるが,上方の葉にはない。葉柄基部には離層が生じて,落葉の原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐へい〔エフ‐〕【葉柄】

葉の一部で、葉身を茎や枝につないでいる細い柄の部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようへい【葉柄】

葉身を支えて茎に付着する柄のように細くなった部分。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉柄
ようへい

葉の部分。茎と葉身との間にあって、葉身を支える。葉柄の中には維管束があり、茎の維管束と葉身の維管束との間の連絡をしている。植物のなかには、葉柄がなく、葉身が直接茎につくものもある。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉柄の言及

【葉】より

…小さい葉の例としてはウキクサの仲間の例や,コケシノブ科には0.5mmに達しないものもある。葉は葉柄と葉身からできており,托葉をもつものもある。葉柄petiole(stipe)は発達しないものもあるが,一見茎のようにしっかりしているものもある。…

※「葉柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉柄の関連キーワード斑点病(サブタレニアンクローバ)ホソバシケシダ(細葉湿気羊歯)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)茎さび病(シロクローバ)斑点病(シロクローバ)斑点病(アカクローバ)デンジソウ(田子草)ジュンサイ(蓴菜)マルハチ(丸八)タイサイ(体菜)カラスビシャクずいき(芋茎)えりかけいも蕗の砂糖漬けからとりいもウサギシダあかどいもヒメカイウオオバキ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉柄の関連情報