コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層角礫岩 だんそうかくれきがんfault breccia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層角礫岩
だんそうかくれきがん
fault breccia

断層運動の破砕作用によって生じた角礫岩。 (→断層破砕帯 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

断層角礫岩

断層面に沿って形成された角礫岩で,割れた岩石片として断層面に見られる[Diller : 1898].細粒のマトリクスの中に大きさが変化する粗粒で角張った破片が含まれている[Cotta : 1862, Geikie : 1940,渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

断層角礫岩の関連キーワード黄玉ブロッケンフェルス自破砕角礫岩圧砕角礫岩摩擦角礫岩構造角礫岩自破砕岩断層面

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android