断層角礫岩(読み)だんそうかくれきがん(英語表記)fault breccia

岩石学辞典の解説

断層角礫岩

断層面に沿って形成された角礫岩で,割れた岩石片として断層面に見られる[Diller : 1898].細粒のマトリクスの中に大きさが変化する粗粒で角張った破片が含まれている[Cotta : 1862, Geikie : 1940,渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android