コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角礫岩 かくれきがんbreccia

翻訳|breccia

5件 の用語解説(角礫岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角礫岩
かくれきがん
breccia

角張った岩片が膠結した岩石の総称。普通,水磨作用を受けた円礫から成る礫岩に対する堆積岩をさすが,角礫化の原因が断層運動によるものを断層角礫岩という。火成砕屑岩には凝灰角礫岩火山角礫岩がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

角礫岩

礫岩に似た粗粒の岩石で,破片が角張っていることが異なる.角礫(rubble)が固結したものに対応する[Ferber : 1776, Lyell : 1831, Pettijohn : 1975].角蛮岩[東京地学協会 : 1916].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角礫岩
かくれきがん
breccia

礫岩の一種。礫となった岩片が円磨されずに固結したもので、礫の大きさは不ぞろいであることが多い。いろいろなでき方のものがあり、砕屑(さいせつ)性堆積岩(たいせきがん)(砕屑岩)以外のものは成因によって区別されている。砕屑性堆積岩には、海底土石流、波食、氷河、崖(がけ)崩れによる侵食でできるものがあり、いずれも地層をなすが、分布は比較的限られている。火山砕屑岩にも角礫を主とする火山角礫岩や凝灰角礫岩がある。角礫はその火山活動のマグマに由来するが、ときには周囲にあった岩石の破片からなることもある。角礫岩のなかで、マグマの地表への通路を埋めたものは火道角礫岩とよばれる。また断層運動により岩石が破砕されてできたものは断層角礫岩とよばれ、断層に沿ってのみ存在し、砂質から粘土質の粉砕物を伴うのが特徴である。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角礫岩の関連情報