コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新制中学校 シンセイチュウガッコウ

デジタル大辞泉の解説

しんせい‐ちゅうがっこう〔‐チユウガクカウ〕【新制中学校】

昭和22年(1947)施行の学校教育法に基づく中学校。→中学校

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新制中学校の言及

【中学校】より

…日本の中等教育機関の名称であるが,第2次大戦前と大戦後の中学校があり,名称は同じでも性格はいちじるしく異なる。したがって,一般に前者は旧制中学校,後者は新制中学校と呼ばれている。旧制中学校は高等教育機関への進学を主目的とした男子のみの特権的な中等教育機関であったが,新制中学校は戦後教育改革の理念にもとづいて,すべての男女に開かれた義務制の学校であり,〈小学校における教育の上に心身の発達に応じて,中等普通教育を施すことを目的とする〉(学校教育法35条)新しい意味での中等教育機関である。…

※「新制中学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新制中学校の関連キーワード国民学校と学制改革戦後の教室不足市町村合併数学教育英語教育試験制度学校組合6・3制宇高ラク夜間中学六三制

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android