コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児一過性熱 しんせいじいっかせいねつ

百科事典マイペディアの解説

新生児一過性熱【しんせいじいっかせいねつ】

生後3〜5日ころ一時的に著明な体重減少とともにみられる発熱(38℃前後)。渇熱ともいい,水分不足のためと考えられる。肺炎等と区別する必要があるが,この熱は午前中に高く午後下がる傾向があり,呼吸は速くならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone