コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発熱 はつねつ pyrexia

翻訳|pyrexia

8件 の用語解説(発熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発熱
はつねつ
pyrexia

視床下部にあり,温熱中枢と寒冷中枢から成る体温調節中枢の機能に変調が起り,熱の生産と放散の平衡が乱れ,平常値よりも体温が上昇を示す現象をいう。おもに細菌毒素など,発熱物質によって寒冷中枢が刺激されて起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ねつ【発熱】

[名](スル)
熱を発生すること。
病気などで体温が異常に高くなること。ほつねつ。「扁桃腺がはれて発熱する」

ほつ‐ねつ【発熱】

[名](スル)はつねつ(発熱)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発熱【はつねつ】

体温が37.0〜37.5℃以上に上昇すること。上昇の程度により微熱,高熱などという。原因は脳腫瘍(しゅよう),脳出血頭部外傷等による体温調節中枢の障害や,細菌,ウイルス寄生虫等の感染とか,外傷,腫瘍,膠原(こうげん)病等により生じる発熱物質の体温調節中枢刺激,先天性心疾患や高温環境による熱放散の障害,バセドー病等による熱生産の増大など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

発熱

 正常より高い温度で体温が調節されること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

はつねつ【発熱】

《どんな病気か?》
〈体温調節中枢の働きが異常をきたすと発熱する〉
 体温は、大脳(だいのう)の視床下部(ししょうかぶ)にある体温調節中枢の働きによって、子どもの場合、ふだんは36.5度前後に保たれています。このとき体内で行われているさまざまな代謝(たいしゃ)がもっとも円滑に行われるのです。
 しかし、なんらかの原因で体温調節中枢の働きが異常になると、平熱を保つことができず、体温が上昇します。これが発熱です。
 熱の高さによって、ふつう37.0~37.9度を微熱、38.0~38.9度を中等熱、39.0度以上を高熱にわけることが多いようです。
 発熱の原因は、かぜやインフルエンザなどのウイルスや細菌の感染によるものから、白血病やがんによるものまでさまざまです。便や尿の状態、発疹(ほっしん)の有無など他の症状をよく観察し、高熱や微熱が長期間続くようなときは、早期にかならず医師の診断を受けるようにしてください。
 発熱したときの症状別対処法を次にあげておきます。ただし、これらはあくまで目安ですから、いつもとようすがちがうときはかならず医師を受診しましょう。
・症状/熱っぽいが、元気もよく、食欲もある。・対処法/微熱以外の症状がない場合は、室温が高温でないか、着せすぎしていないかをチェックすること。体温が正しくはかれているかどうかも、もう一度確認する。室温が高い夏の日なら夏季熱の可能性もある。部屋を涼しくして、ようすをみるようにする。発疹がある場合は受診する。
・症状/少しぐずり、食欲も低下。・対処法/かぜの症状がでていないのに3日以上熱が続くときは、腎盂炎(じんうえん)の可能性がある。せきや鼻みずの症状があるときは、かぜを疑う。また、のどに痛みがあり、水疱や発疹があるようなときは、早めに受診する。はげしく吐く場合も感染性胃腸炎のおそれがあるため、早めに受診する。
・症状/非常にきげんが悪い。・対処法/せき、鼻みずに続いて熱がでて、しきりに耳を気にするようになったら、急性中耳炎の可能性がある。耳だれのようすをみて、おかしいと思ったら受診する。熱が3日以上続き、せきがはげしくなってきたら、急性気管支炎や肺炎の可能性もあるため注意したい。発疹がある場合は受診を。
・症状/顔色が悪く意識もおかしい。・対処法/直射日光長時間あたったり、高温の室内で熱がでた場合は、熱中症になっていることもある。脱水症状に注意して大至急病院へ。また、ぐったりとして嘔吐をくり返し、ひきつけを起こした場合は、髄膜炎や急性脳炎、急性脳症の疑いもあるため、大至急病院へ向かうこと。
・症状/せきと鼻みずがある。・対処法/かぜの初期症状の現れ。まずは体が冷えないように注意する。あたたかい食事を用意し、抵抗力をつける。体のふしぶしを痛がる場合はインフルエンザを疑う。せきがひどくなり、呼吸が苦しそうになってきたら急性気管支炎や肺炎の可能性も否定できない。早めに受診すること。
・症状/のどの痛みを訴える。・対処法/口のまわりや中に水疱が現れたり、出血がある場合はヘルパンギーナヘルペス性口内炎を疑い、すぐに病院へ。目の充血やめやにがひどいときは、咽頭結膜熱を疑う。扁桃腺が赤く腫れているときは、急性咽頭炎・扁桃炎を、舌がイチゴのようになったら溶連菌感染症を疑う。
・症状/下痢、腹痛がはげしい。・対処法/へその周辺から右下腹部に痛みをともなう場合は、虫垂炎の可能性がある。急性の場合は急いで病院へ。また、便に血が混じっていたら食中毒を疑う。便や嘔吐物を採取し、急いで病院へ。熱が1週間以上続く場合は潰瘍性大腸炎クローン病の場合も。体重が減ってきたら要注意
・症状/耳の下あたりからあごにかけて腫れる。・対処法/笑うと痛みがはしるおたふくかぜの可能性がある。高熱時は40度近くまで体温が上昇するが、3~4日ほどで落ち着く。口を開けるのが辛いため、食事はスープゼリーなどかまずに食べられるものを与える。酸っぱいものや味の濃いものは唾液腺を刺激して痛がるため、ひかえる。
・症状/熱が1週間以上続いている。・対処法/熱の上がり下がりがはげしく、関節に腫(は)れがみられるときは、若年性リウマチの可能性もある。サーモンピンクの斑が現れたら、とくに可能性が高くなる。また、体重が減少して、のどぼとけ周辺が腫れる場合は甲状腺機能亢進症を、貧血や出血がある場合は白血病を疑うことも。
《関連する食品》
〈体の抵抗力を高めてウイルスを撃退するビタミンC〉
○栄養成分としての働きから
 熱がでたときは、体をあたため、安静にしていることがたいせつです。
 また、体温が上昇するにつれて基礎代謝が亢進(こうしん)し、体の消費エネルギー量がふえるため、栄養を十分に補給する必要があります。
 とくに体の抵抗力を高めるビタミンCを多く含む野菜やくだもの、そして体力の消耗を防ぐビタミンB1、B2を含む食品が有効です。
 ミカンやイチゴ、キウイ、コマツナなどに多く含まれるビタミンCには、抗ウイルス作用があり、インフルエンザなどの感染症の治癒(ちゆ)を早めてくれます。食欲がないときは、これらをフレッシュジュースにして飲ませるといいでしょう。
〈ニンニク、長ネギには発汗、解熱作用も〉
 ビタミンB1は、ニンニクや長ネギ、ニラなどに含まれており、食欲を増進させ、スタミナをつける効果があります。
 しかもニンニクのにおい成分であるアリシンや、同じく長ネギのにおい成分である硫化(りゅうか)アリル類には、すぐれた発汗・解熱作用もあるので、これらを使ってあたたかいスープをつくると効果的です。
 一方、体の中でのエネルギーの産生をうながしてくれるのがビタミンB2で、カレイなどに多く含まれています。
 熱のせいで食べられないようであれば、ビタミンB2は乳製品にも含まれているので、牛乳や口あたりのよいヨーグルトやアイスクリームを選択するという方法もあります。
 発熱すると、発汗することによって熱を放散しようとするため、どうしても体内の水分が不足しがちになります。
 水分の補給も忘れずにこまめに行ってください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版の解説

はつねつ【発熱】

( 名 ) スル
熱を発散または発生すること。 「 -体」
体温が異常に高くなること。 「風邪で-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発熱
はつねつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発熱の言及

【体温】より

…体温調節もその一環であるが,温度刺激はまた他の調節機能にも多くの影響を及ぼしている。
[発熱]
 発熱をおこす原因の最もおもなものは病原菌の感染である。グラム陰性杆菌の莢膜にふくまれる菌体内毒素が原因で,その主成分はリポ多糖類である。…

※「発熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発熱の関連キーワード体温調節機能恒温動物勃起悪寒生理体温調節何心地パンティングドンナ日射病/熱射病

発熱の関連情報