著明(読み)チョメイ

大辞林 第三版の解説

ちょめい【著明】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
はっきりしていて確かなこと。よく知れわたっていること。また、そのさま。 「突然なんの-な動機もなく/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょ‐めい【著明】

〘名〙 (形動) 非常にあきらかなこと。よく知れわたっていること。また、そのさま。
※旱霖集(1422)瞽殺人論「其中能説聖人用心之極致、得親切著明者、莫善於焉」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「その最も表然著明なるものにして、後人の教訓と為すに足れり」 〔易経‐繋辞上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

著明の関連情報