コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新節 あらせつ

大辞林 第三版の解説

あらせつ【新節】

鹿児島県奄美地方で、かつて年の境の日であった旧暦八月初めの丙ひのえの日に行われる収穫感謝祭。門口に新しい藁わらを敷き、火をたいて神を迎える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の新節の言及

【鰹節】より

…削り終わった節は表面が赤褐色なので〈裸節〉または〈赤むき〉とよぶ。地方によっては若節,焼節,新節ともいわれる。この裸節は沖縄,九州,四国などで真空包装してみやげ物として販売されている。…

※「新節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新節の関連キーワード秋名のアラセツ行事アラセツ[秋名]ひらせまんかい津軽山唄八月踊土佐節門口

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新節の関連情報