コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方壺 ほうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

方壺 ほうこ

?-? 江戸時代後期の僧。
江戸の人という。父の仇(あだ)を討ち,のち僧になる。詩と酒をこのんで放浪し,つかれれば路上でねむり,酒によえば瓢(ひさご)をたたいて吟じ,犬にほえられればそれに和して吟じたという。奇行ぶりは慶応3年(1867)刊行の林鶴梁(かくりょう)「鶴梁文鈔」にのこる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

方壺の関連キーワード大橋 翠石封神演義渡辺方壺武居敬斎神仙思想大橋翠石中国美術円山応震円山応立三島自寛婦好墓三神山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android