ひさご(読み)ヒサゴ

デジタル大辞泉「ひさご」の解説

ひさご[書名]

江戸中期の俳諧集。1冊。浜田珍碩はまだちんせき編。元禄3年(1690)芭蕉とその門人連句を収める。俳諧七部集の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ひさご」の解説

ひさご

俳諧の連句集。珍碩(ちんせき)編。1690年(元禄3)刊。《俳諧七部集》の第4集。“おくのほそ道”の旅から帰った芭蕉を迎え,湖南蕉門の珍碩,曲水,乙州(おとくに)らが催した歌仙5巻を収める。去来が〈故翁(芭蕉)奥州の行脚より都へ越えたまひける,当門の俳諧すでに一変す()《(ひさご)》《さるみの》(これ)なり〉(《俳諧問答》)と説くとおり,“おくのほそ道”がもたらした新風のくふうが結実した集である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android