コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひさご ヒサゴ

3件 の用語解説(ひさごの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひさご[書名]

江戸中期の俳諧集。1冊。浜田珍碩(はまだちんせき)編。元禄3年(1690)刊。芭蕉とその門人の連句を収める。俳諧七部集の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひさご

俳諧の連句集。珍碩(ちんせき)編。1690年(元禄3)刊。《俳諧七部集》の第4集。“おくのほそ道”の旅から帰った芭蕉を迎え,湖南蕉門の珍碩,曲水,乙州(おとくに)らが催した歌仙5巻を収める。去来が〈故翁(芭蕉)奥州の行脚より都へ越えたまひける,当門の俳諧すでに一変す(略)《瓢(ひさご)》《さるみの》是(これ)なり〉(《俳諧問答》)と説くとおり,“おくのほそ道”がもたらした新風のくふうが結実した集である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひさご

俳諧撰集。一冊。浜田珍碩ちんせき編。1690年刊。近江の蕉門を中心とした歌仙五巻を収める。「おくのほそ道」後の芭蕉の円熟した新風を示す。俳諧七部集の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひさごの関連キーワード鵜沢四丁俳諧式目俳諧の連歌連俳立句贄川他石浜田珍碩紅梅千句談林十百韵俳諧中庸姿

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひさごの関連情報