路上(読み)ロジョウ

デジタル大辞泉の解説

ろ‐じょう〔‐ジヤウ〕【路上】

道の上。道ばた。「路上駐車」
どこかへ行く途中。「通学の路上で知人に会う」
[補説]書名別項。→路上

ろじょう【路上】[書名]

若山牧水の第4歌集。明治44年(1911)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろじょう【路上】

道の上。道のほとり。 「 -駐車」
どこかへ行く途中。途上。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

路上
ろじょう
On the Road

アメリカの作家ジャック・ケロアックの小説。1957年刊。「ビート世代(ジェネレーション)」のバイブルとして人気を得た。第二次世界大戦後のアメリカの金権政治や機械文明の圧力、伝統の重みなどに打ちひしがれたビート世代の若者たちが人間性の回復を求め、至福の道を目ざし、自動車を疾駆させ繰り広げる放浪物語。スピード、ジャズ、酒、麻薬、たばこ、セックスなど感覚的法悦感に酔いつつ、すさまじい活力で北米大陸を縦断、メキシコに至る数千マイルに及ぶ路上のドラマを、作者は巻紙にタイプライターでジャズの即興演奏よろしく矢つぎばやに打ち出した。中心人物は作者の友人ニール・カサディを、他の主要人物の1人は親友のビート詩人ギンズバーグをモデルにしている。[小原広忠]
『福田実訳『路上』(1977・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろ‐じょう ‥ジャウ【路上】

〘名〙 (古くは「ろしょう」) の上。道のほとり。みちなか。途上
※色葉字類抄(1177‐81)「路上 ロシャウ」
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「或人路上にて人に逢て」 〔杜牧‐清明詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路上の関連情報