コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林鶴梁 はやし かくりょう

2件 の用語解説(林鶴梁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林鶴梁 はやし-かくりょう

1806-1878 江戸時代後期の儒者。
文化3年8月13日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。幕臣。松崎慊堂(こうどう),長野豊山にまなぶ。甲斐(かい)甲府の学問所徽典館(きてんかん)学頭となり,のち遠江(とおとうみ)中泉,出羽(でわ)幸生(さちう)の代官をつとめた。藤田東湖らとまじわり,尊王攘夷(じょうい)をとなえた。明治11年1月16日死去。73歳。名は長孺。通称は伊太郎。著作に「鶴梁文鈔」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林鶴梁

没年:明治11.1.16(1878)
生年:文化3.8.13(1806.9.24)
江戸後期から明治期の儒学者,幕臣。名は長孺,通称は初め鉄蔵のち伊太郎,鶴梁と号し,堂号を十七種素芳堂といった。上州(群馬県)人。江戸に出て御家人株を買い幕吏林氏を継ぐ。はじめ遊侠の徒と交わったが悔悟し,長野豊山に師事。甲府徽典館教授ほか諸職を歴任ののち嘉永6(1853)年代官に昇進,任地遠州中泉(静岡県磐田市)では地震津波の際に貯蔵庫を開放して領民を救済,奥羽幸生(山形県寒河江市)では銅山開発に努めるなどして功績をあげる。その後納戸頭,新徴組支配,学問所頭取と転任。外艦に対しては藤森天山らと鎖港を主張。維新後は麻布の自宅に門生を教え,終生官仕しなかった。純白を愛し,身辺ことごとく白い花木その他でうめていたという。羽倉簡堂安井息軒など,実務と文事の均衡のとれた江戸後期特有の代官文人のひとりで,特に文章に秀でた。<著作>『鶴梁文鈔』正,続篇<参考文献>坂口筑母『小伝林鶴梁』1~3巻

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林鶴梁の関連キーワード多賀谷向陵越智高洲桜井信景漢儒岸派毛巻蔵六巌垣松苗窮理学清水楽山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone