コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日審 にっしん

美術人名辞典の解説

日審

江戸前期の日蓮宗の僧。京都生。江村久茂の子。字は文嘉、号は霊鷲院。8才で恵光寺日玄に師事し、のち松崎・六条両檀林及び下総飯高檀林に学ぶ。若狭長源寺十三世・六条檀林本圀寺化主・京都立本寺二十世を歴任。九州をはじめ全国を巡って法華経を説き、布教につとめた。寛文6年(1666)寂、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

367日誕生日大事典の解説

日審 (にっしん)

生年月日:1599年6月2日
江戸時代前期の日蓮宗の僧
1666年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

日審の関連キーワード建国記念の日マギー審司即決裁判生年月日日証尼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日審の関連情報