日本漢字能力検定協会(読み)ニホンカンジノウリョクケンテイキョウカイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本漢字能力検定協会

大久保昇・元理事長が1975年に任意団体として設立。92年の財団法人化以降、受験者が増加し、2008年度は約290万人に上った。事件後、理事一新などの改革が進められ、激減した受験者は10年度には約230万人まで回復した。その年の世相を漢字1字で表す「今年の漢字」を全国募集している。

(2012-02-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本漢字能力検定協会の関連情報