世相(読み)せそう

精選版 日本国語大辞典「世相」の解説

せ‐そう ‥サウ【世相】

〘名〙 の中の有様。世間の様子。世態。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「坐ながら世相(セサウ)の秘密を知るべき大機関的洞窟の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「世相」の解説

せ‐そう〔‐サウ〕【世相】

世の中のありさま。社会のようす。「現代の世相を反映する事件」
[補説]書名別項。→世相
[類語]世態物情風俗世情世事俗事流俗習俗風習手風てぶり社会現象風紀

せそう【世相】[書名]

織田作之助短編小説。昭和21年(1946)「人間に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android