コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文部科学省 もんぶかがくしょう Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology

5件 の用語解説(文部科学省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文部科学省
もんぶかがくしょう
Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology

教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成,学術,スポーツおよび文化の振興と科学技術の総合的な振興をはかるとともに,宗教に関する行政事務を行う国の行政機関

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もんぶかがく‐しょう〔モンブクワガクシヤウ〕【文部科学省】

国の行政機関の一。教育の振興、生涯学習の推進を中心とした創造的な人材育成、学術・スポーツ及び文化の振興、ならびに科学技術の総合的な振興、宗教に関する行政事務を担当する。平成13年(2001)に文部省科学技術庁が統合して発足。外局に文化庁がある。文科省。MEXT(メクスト)(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文部科学省【もんぶかがくしょう】

中央省庁等改革基本法により,文部省科学技術庁を統合して2001年1月に発足した中央行政機関。内部部局7のほか,外局に文化庁がある。なお,科学技術政策については内閣府に〈総合科学技術会議〉が新設され,その大綱を決定する。
→関連項目京都大学iPS細胞研究所国立国語研究所日本学術振興会文化審議会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

もんぶかがくしょう【文部科学省】

国の行政機関の一。学校教育・社会教育・生涯教育・学術・スポーツ・文化・科学技術・宗教などの事務を取り扱う。外局として文化庁がある。2001年(平成13)文部省と科学技術庁を統合して発足。文科省。 MEXT 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文部科学省
もんぶかがくしょう

文部科学省設置法によって設置された国の行政機関。2001年(平成13)1月の中央省庁再編に伴い、文部省科学技術庁が再編統合して誕生した。
 文部科学省は、教育の振興および生涯学習の推進を中核とした創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興、さらに科学技術の総合的な振興を図ることを任務とし、これらの事項および宗教に関する国の行政事務を一体的に遂行する責任を負っている。その所掌事務は、生涯学習、初等中等教育の振興に関する企画・立案、大学および高等専門学校における教育の振興に関する企画・立案、私立学校に関する行政の制度の企画・立案、外国人に対する日本語教育、科学技術に関する基本的政策の企画・立案、原子力政策のうち科学技術に関するもの、文化の振興・助成、劇場等の文化施設、著作権の保護・利用、宗教法人の規則等の認証等である。同省の組織としては、その長は文部科学大臣であり、中央省庁再編に伴い、大臣のリーダーシップを補佐するものとして、文部科学副大臣、文部科学大臣政務官という特別の職が新たに設置された。内部部局には大臣官房のほか、生涯学習政策局、初等中等教育局、高等教育局、科学技術・学術政策局、研究振興局、研究開発局、スポーツ・青少年局がある。中央教育審議会、大学設置・学校法人審議会、科学技術・学術審議会、原子力損害賠償紛争審査会などの審議会等がある。施設等機関として、国立教育政策研究所、科学技術・学術政策研究所がある。また、文部科学省の施設等機関であった国立大学は2004年4月から国立大学法人として法人化された。同時に国立歴史民俗博物館や国立天文台などの大学共同利用施設も独立法人となった。文部科学省の特別の機関として日本ユネスコ国内委員会、日本学士院、地震調査研究推進本部が、また外局として文化庁が置かれている。そのほか、文部科学省所管の独立行政法人として、国立青少年教育振興機構、日本学術振興会、国立科学博物館などがある。[山田健吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文部科学省の関連キーワード官治行政行政機関生涯教育文部省生涯学習生涯学習教育研究・推進センター生涯学習音楽指導員指定地方行政機関行政機関個人情報保護法改正教育基本法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文部科学省の関連情報