コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日通 にっつう

美術人名辞典の解説

日通

安土桃山・江戸初期の日蓮宗の僧。堺生。号は功徳院。下総法華経寺の日璃に学ぶ。京都本法寺10世となり、本阿弥家長谷川等伯帰依を得た。のち法華経寺14世となり、「観心本尊抄」などの同寺所蔵の日蓮遺文を忠実に摸写、後世に残した。また茶もよくした。著に『等伯画説』がある。慶長13年(1608)寂、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の日通の言及

【日本通運[株]】より

…正しくは〈にっぽんつううん〉。略称,日通。江戸時代に江戸~大坂間を走った三度飛脚の業者が,明治にはいって鉄道開通と同じ1872年(明治5)に設立した貨物専門の陸運元会社が日通の前身である。…

※「日通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日通の関連キーワードジェイオーグループホールディングスフィリップ・ハロルド トレザイスNECインフロンティアA.C. リトルトン貨物情報システムココ シャネルネフスキー通り日本通運[株]トレーディア河井 信太郎東北トラックゼネコン汚職光州学生事件池田 正之輔二万五千日金丸 冨夫石丸奈菜美日通不動産福島 敏行大倉 精一

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日通の関連情報