コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野EP100型インタークーラー付きターボ過給式エンジン

1件 の用語解説(日野EP100型インタークーラー付きターボ過給式エンジンの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

日野EP100型インタークーラー付きターボ過給式エンジン

日本初のインタークーラー付きターボ過給式エンジン。大型トラックディーゼルエンジンの最小燃費率を 160g/PS h 台から一挙に 148 g/PS h に改善した。構造上の主な特徴は、ピストン頂面近くの燃焼室周縁部に冷却空洞を設けてここにシリンダーブロックから潤滑油のジェットを吹き込み循環させて強制冷却する、スチールラミネート製シリンダーヘッドガスケットを用いてヘッドボルト締め付け時のボア変形を防止、5噴口燃料噴射ノズルで低回転時の燃料微粒化・分布改善と高負荷時の多量な燃料噴射との両立、電子制御による燃料の精密なコントロール、広い回転域で効率良く吸気を圧送できるように工夫したターボ過給機用インペラー等である。保管場所日野自動車工業株式会社 総務部 (〒191-8660 東京都日野市日野台3-1-1)
製作(製造)年1981
製作者(社)日野自動車工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
会社名日野自動車工業(株)
製作開始年1981
シリンダ配列・数直6
サイクル/冷却方式/水冷
弁型式/数OHV/
総排気量8,821cc
内径×行程120×130mm
最高出力/回転数280PS/2,300rpm
過給機形式ターボ式インタークーラー付き
参考文献日野自動車50年史
その他事項燃費率:148g/PSh;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野EP100型インタークーラー付きターボ過給式エンジンの関連キーワードインターラーケンインタークーラーウオータークーラーターボチャージャーインターネットエクスプローラーエークターラMPUクーラークーラーボックスセンターマークハードクーラー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone