コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露漁業合同委員会 にちろぎょぎょうごうどういいんかい

1件 の用語解説(日露漁業合同委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日露漁業合同委員会
にちろぎょぎょうごうどういいんかい

日露漁業協力協定に基づいて,規制海域内での両国のサケ・マスの年間総漁獲量や,規制方法を取り決めるために,毎年開催される合同協議委員会。日露サケ・マス交渉の名で知られている。ソ連時代からロシア側の規制は年々厳しくなり,1993年度も,日本は漁獲割当ての大幅削減,漁業協力金の実質値上げを強いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日露漁業合同委員会の関連キーワード区画漁業日ソ漁業協力協定日米漁業協定漁業協定漁業組合漁業免許免許漁業特別防衛秘密日加漁業協定日朝漁業協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone