規制(読み)きせい

精選版 日本国語大辞典「規制」の解説

き‐せい【規制】

〘名〙
① 物事をなす際に従うべききまり。定。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「低価を以て書信を国中に通ずるを得べき規制(〈注〉シカタ)を創(はじめ)し人なりしが」 〔宋史‐李神福伝〕
② (━する) 規則を立てて乱れないようにすること。規則によって行動を制限すること。
※労働組合法(1949)一条「使用者と労働者との関係を規制する労働協約を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「規制」の解説

【規制】きせい

きまり。法則。〔宋史、宦者一、李神福伝〕禁闥(きんたつ)に在ること五十年、して長と爲す。然れども久しく三班(武官)を掌り、規制無く、敍を失ふ。

字通「規」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android