規制(読み)きせい

精選版 日本国語大辞典「規制」の解説

き‐せい【規制】

〘名〙
① 物事をなす際に従うべききまり。定。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「低価を以て書信を国中に通ずるを得べき規制(〈注〉シカタ)を創(はじめ)し人なりしが」 〔宋史‐李神福伝〕
② (━する) 規則を立てて乱れないようにすること。規則によって行動を制限すること。
※労働組合法(1949)一条「使用者と労働者との関係を規制する労働協約を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「規制」の解説

き‐せい【規制】

[名](スル)
従うべききまり。規定。
規則に従って物事を制限すること。「集団行動を規制する」「交通規制
[類語]抑制統制管制抑止牽制留め立て支配束縛拘束縛る制約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「規制」の解説

【規制】きせい

きまり。法則。〔宋史、宦者一、李神福伝〕禁闥(きんたつ)に在ること五十年、して長と爲す。然れども久しく三班(武官)を掌り、規制無く、敍を失ふ。

字通「規」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android