日高 亀市(読み)ヒダカ カメイチ

20世紀日本人名事典の解説

日高 亀市
ヒダカ カメイチ

江戸時代末期〜大正期の漁業家 日高式鰤大敷網完成者。



生年
弘化2年2月4日(1845年)

没年
大正6(1917)年10月23日

出生地
日向国臼杵郡伊形村赤水(宮崎県延岡市)

経歴
慶応2年父・喜右衛門と共にの建刺網を考案したが失敗。その後、技術改良に努め、明治8年鰤の沖廻刺網を考案、一網3000余匹を捕獲。さらに研究を重ね、25年には5000匹という好成績をあげた。43年改良を加えて“日高式大敷網”と名付け、全国に普及し、これにより近代定置網漁業の発展の基礎が築かれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android