コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕獲 ほかくcapture

翻訳|capture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕獲
ほかく
capture

交戦国が敵または一定の中立国船舶貨物を没収すること。捕の対象は,敵船,敵貨,敵船上の中立貨のうち戦時禁制品,封鎖侵破の中立船および積載貨物,中立船上の戦時禁制品 (その禁制品が価格上,重量上,容積上,運賃上,全貨物の2分の1をこえるときは,その中立船も捕獲される) である。敵船のうち,沿岸漁業に従事する船舶,宗教,学術,博愛の任務を帯びている船舶,カーテル船などは捕獲を免れ,貨物のうち,郵便信書は不可侵を保障される。捕獲は,交戦国軍艦によって停船,臨検,捜索,拿捕の手続をとって行われ,中立国の領海では禁止される。船舶,貨物は,拿捕国の国内に設置された捕獲審検所による審検を受けて没収される。なお航空機の捕獲は,船舶とほぼ同様に扱われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほ‐かく〔‐クワク〕【捕獲】

[名](スル)
動物などを捕らえること。いけどること。「鹿を捕獲する」
国際法上、戦時に、交戦国の軍艦が敵国または中立違反の船舶を取り押さえること。海上捕獲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほかく【捕獲 capture】

戦時国際法上,交戦国に認められる交戦権の一つで,交戦国が,交戦区域,すなわち交戦国領域や公海上において,敵の商船やその積荷,また一定の条件の下で中立船や中立貨を拿捕(だほ)し,捕獲審検という一種の裁判手続を踏んで,これを没収することをいう。敵兵力を構成する船舶,すなわち軍艦が直接攻撃の対象となり,拿捕された場合には戦利品bootyとして直ちに没収されるのと異なり,私船および商業目的の公船は捕獲手続を経てはじめて捕獲物prizeとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほかく【捕獲】

( 名 ) スル
とらえること。いけどること。 「動物を-する」
戦時に、交戦国の軍艦または軍用航空機が、公海や交戦国の領海において、敵国または中立国の船舶・航空機およびその積荷を、一定の手続に従い拿捕し、没収すること。海上捕獲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

捕獲の関連キーワードエンドコンタミネイテッドゼノポーフィリテイックエンアロジェナス包有物ガーディアン・クルス認定鳥獣捕獲等事業者硼素中性子捕獲療法硼素中性子捕捉療法フェロモントラップ野犬狩り・野犬狩モンスターボール有害鳥獣の捕獲中性子捕捉療法野生鳥獣の捕獲先行捕獲結晶ゼノリサイト必従捕獲結晶軌道電子捕獲パーマストンヒゲクジラ有核火山弾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捕獲の関連情報