コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧公債 キュウコウサイ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐こうさい〔キウ‐〕【旧公債】

弘化元年(1844)から慶応3年(1867)までの諸藩の負債を明治政府が引き受け、明治6年(1873)に50年年賦の無利息で発行した公債

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旧公債の言及

【国債】より

…72年にも7分利付外国公債が同地で募集されたが,発行条件は植民地的であった。73年には旧幕府諸藩債務を継承した旧公債(弘化1‐慶応3年分)と新公債(明治1年以降分)が発行された。さらに政府は74年以降秩禄公債,76年金禄公債を交付し封建的身分制度を廃棄する一方,78年大規模な起業公債,84年中山道鉄道公債などを発行して,資本主義化を推進した。…

※「旧公債」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

旧公債の関連キーワードバンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学アーウィンクニッピングサルダジュウェットデ=フォレストドワルス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android