旧小川家住宅(主屋・石垣・庭園)(読み)きゅうおがわけじゅうたく

事典 日本の地域遺産の解説

旧小川家住宅(主屋・石垣・庭園)

(長崎県諫早市飯盛町里)
景観資産〔長崎県〕」指定の地域遺産。
1920(大正9)年に小川医院の主屋として建築した、木造平屋建、桟瓦葺き寄棟造建物。現在、「寺小屋小川亭」と名付け地域に開放。国登録有形文化財

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android