コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄棟造 よせむねづくりhip roof; hipped roof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄棟造
よせむねづくり
hip roof; hipped roof

屋根形式の一つ。四注屋根ともいう。大棟(→)の両端から四隅降り棟が降下している屋根で,二つ台形と二つの二等辺三角形とで構成される。正倉院宝庫,唐招提寺金堂などがその代表例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の寄棟造の言及

【社寺建築構造】より

…また両者の間に桔木(はねぎ)を入れて,挺子(てこ)の原理で軒先の重みを支えることができるので,軒の出を深くすることが可能になった。
[屋根]
 形で分けると,切妻造,寄棟(よせむね)造,宝(方)形(ほうぎよう)造,入母屋(いりもや)造に分かれる。神社建築は本来は切妻造で,後には入母屋造のものもあるが,寄棟造や宝形造のものはない。…

【神社建築】より


【神社建築の起源】
 神社の中心施設である本殿はさまざまの形式に分類されるが,ほぼ全体に共通する特色として,屋根を寄棟造にしないこと,瓦や土壁を用いないこと,床を高く張ること,の3点が挙げられる。もちろん例外もあるが,多くの神社でこの原則は古代から近世までよく守られてきたといえよう。…

※「寄棟造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄棟造の関連キーワードペタヤヴェシの古い教会伝統的建造物群保存地区菅田庵(かんでんあん)旧有備館および庭園唐招提寺金堂ソウル南大門チブサン古墳鶴の湯温泉四阿∥東屋沈府君石闕日本の民家日本建築神社建築馮煥石闕茶室一覧入母屋造朝鮮建築庇(廂)高頤石闕月波楼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android