開放(読み)かいほう

精選版 日本国語大辞典「開放」の解説

かい‐ほう ‥ハウ【開放】

〘名〙
① 門、戸などをあけたままにすること。また、自由に出入りできるようにすること。
※医語類聚(1872)〈奥山虎章〉「Abduction 向ケ直スコト又開放スルコト」
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「遊び場ももってゐなかったゆゑ、そんな子供のために開放されたかのごとき扉なしの山門のなかは」
② つつみ隠さないで、ありのままを見せること。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉松本の話「一切の秘密はそれを開放(カイハウ)した時始めて自然に復る落着(らくちゃく)を見る事が出来る」
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)八月一七日「日本は満洲を開放するに決せり」 〔書経伝‐多方〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開放」の解説

かい‐ほう〔‐ハウ〕【開放】

[名](スル)
門や戸などをあけはなすこと。あけたままにしておくこと。「開放禁止」
制限をなくして、自由に出入りさせること。「門戸開放する」「市場開放
開放絞り」の略。「開放で撮ると背景がやわらかくぼける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android